家族の一員である大切なペットを保険で守る

生命保険に加入する

持病がある人の生命保険等への加入

持病等がある人にとって、生命保険への加入は昔ほど厳しくはなくなってきています。ただし、病気等がない健常者に比較して、その加入に関する条件は厳しくはなります。 持病があるということはそれだけ保険会社からすれば、生命保険等で保険金等の出費の可能性が増えるわけです。したがって、そうしたリスクを最初から背負いたくはないと考えるのは自然でしょう。 ただ、現在の日本では人口減少、少子化と高齢化が急速に進んできており、持病があろうとなかろうと加入者を増やしたいという思惑もあれば、外資系保険会社の参入もあって競争が激化している現実もあり、保険会社としては多少持病等の条件を緩めてでも加入をしてもらいたいという方向性に変化してきているのは間違いない状況です。

持病があっても加入できる保険とは

持病があっても加入できる保険がCM等で盛んに宣伝されています。この医療保険は、持病があったり過去に病気をした場合であっても最近は大丈夫なのであれば保険の加入を認めてくれる商品で、該当する利用者からは一定の支持を得ているようです。 この保険が成立する理由は、加入後に入院や治療をする可能性の高さに合わせて保険料が高くなっていることです。保険という商品は、保険料収入と、入院給付等が支払われる理由となる入院等が発生する確率から計算した保険金がバランスすることで成り立っています。そのため、持病があっても加入できる商品の提供が可能になるのです。 もちろん、持病がなく、他の医療保険への加入が可能であればそちらに加入すべきです。

» ページのトップへ戻る