家族の一員である大切なペットを保険で守る

保険の相談

保険相談をする意味、必要性

生命保険を始め「保険」に加入するときは、生保会社や各社比較できる店舗などで相談することになります。 全く初めての加入となるときは、何を基準に保険を選ぶか相談する必要があります。 やみくもに、人に勧められたから、お付き合いで加入するのではなく自分自身のライフプランと照らし合わせて保険相談をする必要があります。 例えば、独身の場合は、自分自身の病気やけがに備えることがメインになるので、医療保険をベースに考えることになりますし、結婚して共働きであれば、収入保障の考え養老保険を、また子どもいれば万が一に備え生活保障が出来るように定期保険を検討するなど、自分が置かれた環境とライフプランに応じて保険相談をする必要があります。

得られるメリットはどの様なものがあるか

保険相談をすることで得られるメリットとして、各社様々な商品を作って販売しているため、消費者にはなかなか理解しづらい仕組みについてきちんと説明を受けることが出来、また自身の希望や家族の希望、現在の状況を事細かに話すことで膨大な量の保険商品の中から適切な商品を選択してもらえる、と言うことがあげられます。 また、加入時はベストと思って加入した保険商品でも、その後の生活環境の変化などで再度保険相談をする必要が出てくることがあります。 子どもが独立した、自身の給与が大きく変わった、必要とする保障内容が変わったなど環境の変化に合わせて、保険商品を選ぶ方法や基準を工夫することによって、得られる効果も適切なものとなります。

» ページのトップへ戻る